ホーム>雨樋修繕交換工事

雨樋修繕交換工事

雨樋修繕交換工事について

雨樋ってどんな役割をしてるの?

grptter-1.jpg

雨樋(あまどい)は、屋根面を流れていく雨水を集めて、排水溝や下水へ誘導する設備で、雨の多い日本では建物に欠かせない設備です。

屋根に隠れて普段はあまり目立たない部分にはなりますが、この雨樋が台風の影響で壊れてしまったり、草木の枯葉などによって詰まってしまったりすると、屋根から外壁に雨水が直接流れていくことになり、外壁がすぐに劣化してしまいます。

また、屋根から地面に直接水が落ちていった場合にも、建物の基礎部分に水が染み込んでしまい、結果として家の寿命を縮めることになってしまいます。

修理交換のタイミングはいつ?

雨樋の素材によって劣化までの期間の幅はありますが、雨樋の寿命は20~25年ほどと言われています。

特に以下のような症状が出てしまっている場合は、交換または修理をおすすめします。

劣化症状のサイン

2017719162858.png 雨が降ると、ポタポタ雨水が垂れてしまっている

2017719162858.png 雨樋が割れて変形している

2017719162858.png 雨樋の取り付け金具が外れてしまっている

2017719162858.png 雨樋の色が変色している

2017719162858.png 家を建ててから20年以上経過している

grotterjpgのサムネイル画像
broken-grotter.jpg
broken-grotter-2.jpg

大切なお住まいを守るためにも、雨樋は築20年を経過したら交換をしましょう!!
 

施工事例を見る>>

2017721181152.jpg  caulking-banner.jpg

gutter-banner.jpg  scaffolding-banner.jpg

201772118264.jpg

お問い合わせ

 

ページ上部へ