ホーム>外壁塗装について

外壁塗装について

外壁塗装について

どうして塗り替えが必要なのか?

外壁の塗り替えには大きく分けて2つの役割があります

2つの役割

住まいの外壁塗装や屋根の塗り替えをするということは、見栄えを良くすることはもちろん外的要因から大切な建物を守る要素が非常に大きいのです。

直射日光や雨風などで、どうしても物質は劣化していきます。
外壁は柱や梁などの骨組み部材とそれを覆う仕上げ材で構成されていますので、その損傷は、美観を損ねるだけではなく、雨漏りの原因になったり、木部を腐らさせたりと住まいの耐久性に大きく影響してきます。住まいの外壁や屋根の劣化を防ぐ為、また長持ちさせる為にも、塗り替えは非常に重要になります。きちんとしたメンテナンスをしていれば、建物の寿命も延び、家の資産価値を高めることにもなります。

 

塗り替え時期について

塗り替え時期の目安は、新築の場合の外壁塗装はあまり良い材料が使われていないことが多いようですので大体5~7年位になります。通常の塗り替えの場合は、7~10年位と考えられます。また、以前に使用した塗料が新しく耐久性の高いウレタン樹脂やフッ素樹脂のものだと、10~14年位が目安となります。
あくまでも目安となりますので、環境や前回の施工技術、質によって劣化の進行は様々になります。
下記の症状がある場合も外壁の劣化が始まっていますので、外壁塗装や屋根の塗り替えをおすすめします。

塗り替え時期

手に白い粉がつく

塗り替え時期

コーキングの剥がれ

塗り替え時期

ヒビわれ

 

塗り替え時期

カビ・変色

塗り替え時期

さび

塗り替え時期

色あせ

 

ページ上部へ